dj_image2_H2708.jpg

シミは、紫外線や、部分的にこするなどの刺激を与えることで、メラニンが細胞の中のDNAを守ろうとするためにできます。

紫外線に対しては、日焼け止めを塗る。日焼け止めの品質がいいもの(オイル不使用・紫外線吸収剤不使用)を選ぶ。などを心がけることが大切です。

また、物理的刺激でもシミはできやすく、眼鏡の鼻当てや、メイク時のスポンジの当て方、アイシャドウの色素沈着などによってもできることもあります。

また、ストレスや、内臓に負担のかかる生活でもシミはできますので、様々な生活の中での予防が重要になります。

シミはいかに肌への刺激を減らし、かつ継続的に美白化粧品を使っていくかがホームケアのポイントとなります。