シミは、紫外線や、部分的にこするなどの刺激を与えることで、メラニンが細胞の中のDNAを守ろうとするためにできます。

紫外線に対しては、日焼け止めを塗る。日焼け止めの品質がいいもの(オイル不使用・紫外線吸収剤不使用)を選ぶ。などを心がけることが大切です。

しかし、眼鏡の鼻当てや、メイク時のスポンジの当て方、アイシャドウの色素沈着などによってシミができることもありますので、紫外線だけでなく、様々な生活の中での予防が重要になります。

おすすめの日焼け止めや、スプレータイプで気軽に使用できる日焼け止め、医薬部外品の美白化粧水も、SOLARではご用意しています。

※医薬部外品ははっきりと効果が実証されれたものです。

※下は、50分のフェイシャルの施術例です。

100分のフェイシャルは、

・マッサージの範囲が腕・背中が追加

・毛穴洗浄をパックまたは美顔器で行う

・美容液+美容液導入機器でさらに肌の悩みに効果的にアプローチする

の工程が加わります。

1. クレンジング&洗顔

オイルではなく、油溶性のビタミンで汚れを浮かし、落としてくれる、肌に優しいクレンジングを使って、メイク材・余分な角質・毛穴の汚れを落とします。

洗顔は、糖と蜂蜜、アンチエイジング成分が含まれた石鹸で、肌の潤いを守りながら汚れのみを吸着して落としていきます。

2.マッサージ

シミがある部分や強い刺激により、シミが濃くなる場合があるため、柔らかい手技を使ってマッサージしていきます。

全体としては、リラックス効果の高いマッサージをベースに、リンパや血流を促進し、細胞の生まれ変わりを早める手伝いをします。さらに、シミの部分には、タポットメントなどの優しい打法などを利用して、シミが肌の生まれ変わりによってはがれていく手伝いをするような手技を使います。

3.パック

トルマリンが入った美白パックを使ってパックをしていきます。角質が肥厚している方は、ターンオーバーを早めるために酵素パックと、美白パックを混ぜてパックを行います。

4.ヘッドマッサージ

パックの間に、脳疲労や、目の疲れを軽減するように頭をツボ押しや、頭皮を揉みほぐしてマッサージしていきます。

特に頭皮は、脳の言語野・聴覚野・運動前頭野・視覚野などの疲れを反映します。

考え事や情報処理などが多い仕事の方は前頭部が、

オペレーターや電話対応が多い、人の話を聞く機会が多い方は耳の周囲(側頭部)が、

接客などで体を動かしている方は頭頂の帯状の部分が、

パソコンなど目を使うことが多い方は後頭部が

疲れがたまり、硬くなっていることが多く、そういった部分を揉みほぐすことで、頭がスッキリし、目や、首の疲れも軽減されていきます。

5.仕上げ

医薬部外品の美白ローションで肌を整えた後、美白クリームを塗布して仕上げます。

※感想などがある場合は、保湿ゲルなどを使うこと止まります。(都度肌の状態によって使用する化粧品を変えていきます。)

© 2023 by Ray Klien. Proudly created with Wix.com

  • Black Instagram Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now